ギフトの知恵袋

FAQOHTOMO BLOG
2019.6.13

知っておくとためになるギフトマナー(出産内祝い)

内祝いとは?

「内祝い」の本来の意味は、「内内のお祝い」。


出産内祝いは、赤ちゃんが誕生したといううれしい気持ちを、皆で一緒にお祝いしたいという気持ちで行われていました。
親戚やお世話になった方、ご近所の方々を食事に招いて、赤ちゃんをお披露目したり、招く代わりにお赤飯や紅白の餅などを配ったりしていました。
しかし、現在では出産祝いの「お返し」という考え方が一般的です。

いつごろ送るの?

出産内祝いの品は生後30日頃、お宮参りの前後に贈ります。
ただ、お母さんもたいへん忙しい時期ですから、生後2ヶ月以内であれば失礼にあたらないでしょう。


ただし贈り主は1ヶ月を過ぎても何の音沙汰もないと、手元に届いたかどうかが心配になりますから、
お礼状や電話で『届きました、ありがとう』の連絡はお忘れなく。

予算は?

出産内祝いの金額は、お祝い品の半分~3分の1程度が目安です。

グループでいただいたり、非常に高価な品を頂戴した場合などは、半返しにこだわる必要はありません。

 

のしはどうする?

出産内祝いにつける「のし」は、紅白の蝶結びの水引を使います。この結び方は先端を引けばすぐにほどけて、すぐに結べます。

「出産は何度重なっても喜ばしい」という意味が込められています。

表書きは「内祝」、水引の下には赤ちゃんの紹介もかねて、赤ちゃんの名前を書き入れます。
読み方が難しい場合は
をつけると親切です。

手書きでメッセージを記したカードを添えれば、いっそう感謝の気持ちが伝わります。

かわいらしくラッピングするのもオスス、ふりがなメです。

 

オオトモギフトでは、お赤飯や俵型体重米などほっこり愛らしいギフトをご用意しております。

ご購入はこちら

知恵袋一覧に戻る

知恵袋を種類別で探す

CATEGORY