ご利用について

お問合せ

出産内祝い

引出物 - お赤飯

引出物 - お米商品

引出物 - その他

結婚引出物

両親贈呈品

ギフト - お赤飯

プチギフト

出産内祝い 結婚引出物・内祝い お赤飯で感謝の気持ちをOHTOMOギフト

会社概要お問い合わせ

ギフトマナー

出産内祝いマナー

内祝いとは? いつごろ贈るの? 予算はいくらぐらい? のしはどうするの?

内祝いとは?

内祝いとは?「内祝い」の本来の意味は、「内内のお祝い」。
出産内祝いは、赤ちゃんが誕生したといううれしい気持ちを、皆で一緒にお祝いしたいという気持ちで行われていたもの。
親戚やお世話になった方、ご近所の方々を食事に招いて、赤ちゃんをお披露目したり、招く代わりにお赤飯や紅白の餅などを配ったりしていました。
しかし、現在では出産祝いの「お返し」という考え方が一般的です。

いつごろ贈るの?

出産内祝いの品は生後30日頃、お宮参りの前後に贈ります。
ただ、お母さんもたいへん忙しい時期ですから、生後2ヶ月以内であれば失礼にあたらないでしょう。
ただし贈り主は1ヶ月を過ぎても何の音沙汰もないと、手元に届いたかどうかが心配になりますから、
お礼状や電話で『届きました、ありがとう』の連絡はお忘れなく。

予算はいくらぐらい?

予算はいくらぐらい?出産内祝いの金額は、お祝い品の半分~3分の1程度が目安です。
グループでいただいたり、非常に高価な品を頂戴した場合などは、半返しにこだわる必要はありません。

のしはどうするの?

出産内祝いにつける「のし」は、紅白の蝶結びの水引を使います。
この結び方は先端を引けばすぐにほどけて、すぐに結べます。
「出産は何度重なっても喜ばしい」という意味が込められています。
表書きは「内祝」、水引の下には赤ちゃんの紹介もかねて、赤ちゃんの名前を書き入れます。
読み方が難しい場合は、ふりがなをつけると親切です。
手書きでメッセージを記したカードを添えれば、いっそう感謝の気持ちが伝わります。
かわいらしくラッピングするのもオススメです。


結婚引出物マナー

馬を贈ったのが、引出物の始まり? どんなものを贈るの? 予算はいくらぐらい? のしはどうするの?

馬を贈ったのが、引出物の始まり?

引出物のルーツは、平安時代にさかのぼります。
当時は、お招きしたお客さまに馬を贈る慣わしがあり、馬は庭に引き出して渡されるため、
贈り物は「引出物」と呼ばれるようになりました。
やがて馬の代わりに、「馬代(うましろ)」として金品を贈るようになり、招待客への土産物を示すようになったとか。
現在は、披露宴に出席していただいたゲストの方々へ、感謝の気持ちを込めて贈るお礼と、ご祝儀の返礼を意味しています。

どんなものを贈るの?

現在の引出物は、「形に残るもの(記念品)」と「食べられるもの(引き菓子など)」の2つを用意するのが一般的。
ふたりの幸せを願い、結婚式を思い出しながら食べる…という意味が含まれています。
数字で割り切れる2品を嫌い、3品~5品をつけるところもあります。内容や数量、組み合わせは、地域や結婚式のスタイルによって異なります。

予算はいくらぐらい?

すべて合わせて、5000円~1万円程度が主流。内訳は記念品が3000円~6000円、お菓子や鰹節、お赤飯などの食品が1000円~3000円などです。 喜ばれることはもちろん、ふたりらしさが伝わる品を選ぶことも大切です。

のしはどうするの?

「のし」の表書きは「寿」として、水引は「一度きりのお祝いになるよう」という意味を込めた紅白の十本結びきりを使います。
名前は両家の姓を連名で記入、もしくは新郎新婦の名前のみを連名で入れます。


結婚内祝いマナー

入籍だけの場合、お祝い返しは? いつごろ贈るの?予算は? のしはどうするの?

入籍の場合、お祝い返しは?

結婚内祝いは、披露宴にご招待できなかった方への「お祝い返し」として贈るもの。
披露宴に招待したものの、欠席された方には引出物を贈るか、内祝いと同じ品物を贈ります。
また最近では「挙式も披露宴もしないで入籍だけ」という、シンプル婚を好むカップルが増えています。
その場合でも、お祝いの品をいただいた以上、お返しとして内祝いの品を贈るのがマナーです。

いつごろ贈るの?予算は?

各結婚内祝いは報告も兼ねて、できれば相手方を訪ねて手渡しするのがベスト。
ただ遠方地など難しいケースもありますので、郵送でも支障ありません。
結婚してから、1ヶ月以内に贈りましょう。
金額は、いただいたお祝い品の半分~3分の1程度が目安です。
タオルなどの日用品や、日持ちする食品詰め合わせなどが喜ばれます。

のしはどうするの?

「のし」の表書きは、「結婚内祝」「内祝」「寿」。水引は引出物と同様、「一度きりのお祝いになるよう」という意味を込めた紅白の十本結びきりを使います。名前は新姓のみ、あるいは夫婦の連名(夫の姓名と妻の名前)を書きます。


その他内祝いマナー

お返しのミニ百科 内祝いの予算はいくらぐらい? 内祝いってお返しの意味じゃないの?

お返しのミニ百貨

目的 贈る時期 のしの表書き のしの名前 水引
食初め、初節句、七五三
入学内祝、卒業内祝
当日以降、早い時期に 内祝 子どもの名前 紅白の蝶結び
成人式 当日または、それ以降の早い時期に 成人祝、内祝 当人の名前 紅白の蝶結び
快気祝い 全快後に、お見舞い品を頂戴した方へ 快気祝
全快祝
当人の名字 紅白の結び切り
新築内祝 お祝いの日からできるだけ早く 新築記念
内祝
御礼
当家の名字 紅白の蝶結び
還暦内祝
古希内祝
喜寿内祝
米寿内祝
白寿内祝
百寿内祝
当日または、できるだけ早い時期に 還暦祝
古希祝
喜寿祝
米寿祝
白寿祝
百寿祝
内祝
御礼
当人の姓名 紅白の蝶結び
開業内祝
開店内祝
開業(店)当日または、
できるだけ早い時期に
開業内祝
開店記念
内祝
店・会社名 紅白の蝶結び

内祝いの予算はいくらぐらい?

一般的には「半返し」といって、頂いた金額の半分~1/3ぐらいが目安です。内祝いの品は、頂いた日から10日~1ヶ月以内に贈るようにします。「のし」の書き方や水引の種類は、目的によって異なりますので注意しましょう。

内祝いってお返しの意味じゃないの?

「内祝い」と「お返し」には、別の意味がありました。そもそも「内祝い」は喜びを大切な人たちと分かち合うことを目的とし、お祝いを頂戴するしないにかかわらず、宴席に招いたり、お赤飯を配ったりするのが風習でした。しかし現在は、「内祝い」とはお祝いをいただいた方に対しての「お返し」の意味が一般的になっています。お祝いをいただいたら、まずは3日以内に、お礼状や電話で感謝を伝えましょう。